ツイッター小説についてのニンジャからのありがたいアドバイス記事

白いひよこ

ちょっと変わった小説


ニンジャスレイヤーという小説がありますよね。
ちょっと変わった小説です。
現実とは少し(少し?)ずれたニホンを舞台に、ニンジャが活躍するアクション小説です。
もともとは海外で書かれた作品だったみたいですね。

山口雅也さんの日本殺人事件とかもそういう趣向の作品でしたね。
あれは現実とは少し違うニホンを舞台にした推理小説でした。
ジャンルは違いますけれど、あの作品よりもはるかに荒いというか……ぶっ飛んでいる作品です。

どこかで読める


この作品は、書籍にもなっていて、アニメ化もしているようです。
もともとはツイッターに連載していたんですよね。
僕は確か、ツイッターまとめの……トゥギャッターでしたっけ……なんかそういうサイトで見た記憶があります。

いまもあるかどうかはわかりません……。
でも探せばいろいろ見つかると思います。
かなり個性の強い作品ですが、面白いです。

公式ブログもある


はてなのほうに、ニンジャスレイヤーの公式ブログもあるんです。
見つけました。
公式ファンブログみたいです。

ニンジャスレイヤー公式ファンサイト:ネオサイタマ電脳IRC空間

とにかく、このブログも面白いんです。
その記事のなかで、ツイッター連載について書いてある記事を見かけました。

ツイッター連載についての記事


あなたがTwitter上で作品を連載するうえで重要と思われること:虚無の暗黒に挑むには - ニンジャスレイヤー公式ファンサイト:ネオサイタマ電脳IRC空間

へえ、最初からツイッターで人気だったわけではないんですね。
なんども「虚無の暗黒」と書いてありますし、けっこう苦労したみたいですね……。
僕はツイッターで人気になってからのニンジャスレイヤーしか知りませんでした。
ニンジャにも下積み時代もあったということですね。
そんなに目新しいことが書いてあるわけではありませんが、読み物としても面白いです。
続きの記事も書かれていますね。
ツイッター連載を考えているひとには参考になるのではないでしょうか。

小説の読みやすさ


これは慣れの問題かもしれませんが、ツイッターって、小説を読むのには向いていませんよね。
文字数の制限がありますし、どこから読めばいいのかがわからないです。
正直読みにくいです……。
でも、記事のなかでも触れられているように、ツイッターだけで完結しているというのは大きいんでしょうね。

ツイッターに小説投稿サイトのURLを貼っても、クリックしないとそこへは移動できないわけです。
そういうふうに、あいだにワンクッション入っていると、見てくれる人は激減するようです。
実際、ツイッターのアナリティクスを見てみると、なかなか投稿サイトまで行ってくれる人はいないんですよね。
かなり少ないです。

ニンジャスレイヤーでも苦労はしているんだし、自分ももうちょっとがんばらないと読みにきてもらえないよな、と思いました。
ぼちぼちがんばりましょう。
スポンサーリンク

投稿サイト

小説家になろうに、猫のエッセイを投稿しています。
かわいいです。
うちのかわいいかわいい猫
このブログでも、一部を掲載しています。

アルファポリスでは、ファンタジーの連載を初めてみました。
気軽に読んでみてください。

ランキング

スポンサーリンク