小説家になろうのちょっと気づきにくい機能

水面近くを飛ぶ鳥

使っていて気づいたこと


僕は小説家になろうを利用し始めて1年以上たちます。
使っていてちょっとわかりにくいことや見落としがちなこと、いちいち検索するのが面倒なことがいくつかあるので、ここに書いておこうと思います。
何かの役に立てばいいですし、自分でも確認するときに役立つんじゃないかと思います。

小説家になろうは、わりとマニュアルが充実しているので、しっかり全部目を通せばわからないことはあんまりないです。
ただ、マニュアルがごちゃごちゃしていて、何がどこに書いてあるのかがわかりにくいんですよね……。

携帯版の作品URLを確認する方法

これを確認するのがちょっと面倒くさいのです。
ですが、作品URLにはルールがあるので確認しなくてもわかります。
小説のTOPページはだいたい

ttp://ncode.syosetu.com/〇〇〇〇/

と、こんな感じになっています。
この ncodeの部分にnkを入れると携帯用URLになります。

ttp://nk.syosetu.com/〇〇〇〇/

ということです。
あまり使う場面はないですが、携帯版でログインしなおして作品TOPまで行って確認して……というのが面倒くさいので、たまに役に立ちます。

本文への挿絵の挿入方法

作品に挿絵を載せるのもちょっと面倒……というか特殊です。
普通に利用していたら、わかりません。
マニュアルに書いてあるのですが、気づかない人も多いと思います。
マニュアルのこちらのページに解説がありますね。

挿絵の挿入|マニュアル

と、こういうことです。
まずはみてみんというサイトに登録することが必要になってきます。

みてみん

こちらですね。
まとめると、
  • みてみんに登録
  • イラストや写真をアップロード
  • できたURLをメモ
  • 指定された形式に書き直して本文に貼り付け
という手順になります
みてみんにアップロードしたイラストのURLは

ttp://〇〇〇〇.mitemin.net/i△△△△/

という感じになるのでこれを

<i△△△△|〇〇〇〇>

と書き換えて本文に貼り付けです。
これで挿絵を挿入できます。
本当に面倒だしややこしいですね。

関連サイトでのしおりの行方

関連サイトの小説を読む方もいると思います。
関連サイトというのは、全年齢ではないサイトです。
それで、ブクマをするのですが、場合によって、どこまで読んだかわからなくなってしまうのです。
僕は最初混乱しました。

どういうことなのかというと、Xマイページまで行くと、しおりを挟んだ場所が確認できないのです。
Xホームではしおりの位置が確認できるので、Xマイページに行かないようにするといいです。
Xマイページに行ってしまったら、うえのほうに

ログイン中/ユーザーネーム/Xマイページ

とリンクが並んでいるのでユーザーネームをクリックするとXホームに戻れます。
なんでこういうシステムなのかはまったくわかりません。
ムーンはこういう感じだったので、ノクタでも同じはずです。

作者用一括ダウンロード

作者さんは、作品のバックアップをしておきたいこともあると思います。
作品ページからTXTダウンロードをしようとしたら、一話ずつしかできなくて、すごく面倒くさいことになります。

作者用のバックアップダウンロードページは別の場所にあります。
小説情報編集ページの一番下、『編集[確認]』ボタンの下に、『小説のバックアップをとる』という文字があります。
それがバックアップダウンロードボタンです。

作者本人なら、ここで一発で全話ダウンロードできます。
感想やレビューもダウンロードして保存できます。
僕も最近気がつきました。

ついでによく検索されるタグ

小説家になろう勝手にランキングというサイトがあります。
こちらにこんなページがあります。

小説家になろう~適当な裏情報~

ここでよく検索されているタグを知ることができます。
小説につけるタグに迷ったときは役に立ちそうですね。
どうにかすると、こういう情報を取得することができるんですね……。

重複投稿について


マニュアルをよく探すと、重複投稿についての注意書きが載っています。

投稿する|マニュアル

あらすじ欄に重複投稿であることを記載してくださいと書かれています。
重複先のサイトでも、書くようにおすすめされています。
盗作を防ぐ、トラブルを防止する、という観点から考えると、普通に書いておいたほうがいいですよね。
これ、わりと書かない人が多いです。

たぶん、皆さんこのマニュアルを知らないんだと思います……。
サイトによっては重複投稿を認めないところもあるので、そこも注意をしておいたほうがいいと思います。

まとめ

なんてことはない小ネタでしたが、気づきにくい部分だと思います。
知ってると、もしものときにちょっとだけ手間が省ける感じです。

ついでにあったらいいな、と思う機能は、作品の目次ページでしおりの位置を確認できる機能です。
大量にブクマしてると、更新に置いていかれることがあるので、目次ページでも確認できるといいなあと思いながらブクマ一覧を必死に確認したりしています。
これ、アルファポリスではできるんですよね。
あると便利ですよ。
スポンサーリンク

投稿サイト

小説家になろうに、猫のエッセイを投稿しています。
かわいいです。
うちのかわいいかわいい猫
このブログでも、一部を掲載しています。

アルファポリスでは、ファンタジーの連載を初めてみました。
気軽に読んでみてください。

ランキング

スポンサーリンク