ネット小説大賞の結果が出る

天秤と皿の上のリンゴ

結果が出る


そうそう、ネット小説大賞の結果が出ていましたよね。
こちらのページで確認できます。

ネット小説大賞(旧:エリュシオンノベルコンテスト・なろうコン)

ネット小説大賞というのは投稿サイト「小説家になろう」内で開催されているコンテストです。
最終選考に残った作品は、すべて書籍化というすごい賞です。

今回は46作品残ったそうです。
ということは46作品が書籍化です……!
いやはや……!

おすすめ


ということで最終選考に残っている作品の中からおすすめのものを探してみます。
書籍化といっても、もともとは投稿サイトに投稿された作品ですから、読むことはできるわけです。
出版社さんの意向しだいですが、本が出た後も、サイトのほうでは無料で読むことができたりします。

自分が異世界に転移するなら


自分が異世界に転移するなら

この作者さんは安定して、人気のある作品を発表している作者さんです。
まだ書籍化していなかったんですね。
ちょっと癖はありますが、面白い作品が多いです。
贄の島編だけでもひとつの作品としてまとまっているので、そこまででも読んでみるといいと思います。
いわゆるクラス転移系の作品ですね。

異世界に来たみたいだけど如何すれば良いのだろう


異世界に来たみたいだけど如何すれば良いのだろう

こちらはサバイバル系の作品ですね。
出だしは地味です。
あらすじにも書いてありますが、32話辺りから、じょじょに小説家になろう作品っぽくなってきます。
内政的なのもありますし。
スロースターターですね。
やたら読みやすい文章なので、32話まではすぐだと思います。
とはいえ話数が多いので、じっくり読むといいと思います。

あんまり読んでいない


はい、目を通している作品はこれだけですね。
意外と読んでいる作品は残っていません。
というか、途中で別口で書籍化が決まって、除外されてる作者さんがわりといるっぽいんですよね……。
僕が気に入っていて、追いかけている作品も見当たらなくなりましたし……。
そっちはそっちで楽しみなのですが……。

あとは気になる作品をいくつか


軽く目を通して気になる作品を上げていきます。

異世界駅舎の喫茶店


異世界駅舎の喫茶店

グルメ系の作品ですね。
ちょくちょく名前は見かけます。
グルメ系の作者さんは、なぜか文章がうまいんですよね。
この作者さんもそんな感じです。
読んで損はなさそうです。

ノヴァゼウリーヤの領主


ノヴァゼムーリャの領主

なんというか、領主系特有のちゃんとしたファンタジーっぽい雰囲気の作品です。
序盤に軽く目を通しただけですが、かなり期待できそうですよ。
字がちいさいし、なろう的な雰囲気はないですね。
でもこういうのが実は当たりなんですよ。
なろうユーザーになってけっこうな時間がたつので、わかります。

これ、読んでいて気づいたのですが、すでに書籍化しているプロの作家さんの作品なんですね。
なるほど、という感じです。
けっこうな話数がありますし、読むのに時間がかかりそうです。

薔薇姫は支配者として君臨する


薔薇姫は支配者として君臨する

悪役令嬢ですね。
悪役回避というか……。
とにかく安定のジャンルです。
内容も安定の内容のようです。
安心して読めます。

感想


良さそうな作品を探して軽く目を通してみましたが、だいたい面白そうですよね。
まあ、それはそうなんです。
最終選考に残っているわけですから。

あとはなろうユーザーにはお馴染みのパターンの作品が多いですね。
これもまあ、そういうものなんでしょう。
読む側としてもおなじみのパターンのほうがある程度安心できますし。

それはいいんですが、最終選考に残っているのは、僕が読んだことのない作品ばかりでした。
僕はかなりの作品をブクマして、全部読んでいるわけではないですが、それなりに読んでいるわけなんですけど、それでもこうなるんですね。
小説家になろうの作品は多いですもんね。
もっといろいろな作品を読もうと思います。

ちなみに開催時の記事


第4回のネット小説大賞が開催されたときの記事を見つけたので持ってきました。
自分も利用している投稿サイトのイベントなのでちょっとテンションが上がっていますね。
以下がそのときの記事です。

ネット小説大賞が開催されるようです

えーと、今回からなろうコンじゃなくてネット小説大賞という名前になったみたいです。
もう応募の受付が始まったようですよ。
特設ページもオープンしていました。

ネット小説大賞(旧:エリュシオンノベルコンテスト・なろうコン)

公式ツイッターもありますよ。
進行中のネット小説大賞のことだけではなく、過去の受賞作の書籍化情報などもツイートしているようです。
興味のある方はこちらです。

第四回ネット小説大賞公式(旧なろうコン)(@NovelNarou)さん | Twitter

これはなんですか?


さて、これはどういうものなのかというと、小説家になろうで開催されるコンテストです。
いいところまでいくと書籍化されるらしいです。
出版社さんが5、6社提携していて、ちゃんとした コンテストです。
前回は20作近く書籍化されたらしいです。
大盤振る舞いですね。

なにより応募が簡単なんです。
小説家になろうに投稿しているひとは、タグに「ネット小説大賞」をつけるだけでいいのです。それで応募完了です。
すごい簡単。
僕も猫エッセイを応募してみました。
いちおうジャンル不問という建前になっているようですし、エッセイはダメとも書いていないので大丈夫なはずです。

応募作品はこちらから確認できます。

小説を読もう! || 小説検索

僕がみたときは、すでに800作近くが応募済みでした。

書籍化作品

前回(第三回)の特設ページを見ると、グランプリに限らず最後まで残っている作品は、だいたい見かけたことのある有名な作品です。
最後まで残ったのは全部書籍化みたいですね……。(すごい)

田中のアトリエ

なかでも僕が好きなのはこちら。

田中のアトリエ ~年齢イコール彼女いない歴の錬金術師~

とにかく下ネタが多いです。主人公はずっとエロい妄想をしています。
でもストーリーもちゃんと面白いです。
18禁ではなくて、一般向けで公開されているので、ある程度節度を保った下ネタなんだと思います。
そういうわけなのでひとにお勧めするような感じの作品ではなかったです。(面白いですよ!)

図書館ドラゴンは火を吹かない

それからこちら。

図書館ドラゴンは火を吹かない

こちらは追加で書籍化が発表された作品ですね。
面白いという評判はよく聞きます。
なろうコンの前から評判は良かったと思います。
読んだのは途中までですが、いまのところ面白いです。

まのわ

こちらも。

まのわ ~魔物倒す・能力奪う・私強くなる~

まのわもなろうコンだったんですね。
というか第二回のグランプリだったそうです。
面白いです。
なろう連載版では、900話を超えていますね。まだ続いていますよ。
なかなかの量です……。
すごく読みやすいので、読んでみると意外に早く追いつくかもしれません。
まのわは、もう4巻が出ているようですね。

今回はどんな作品が書籍化されるのでしょうか。
自分の読んでいる作品だったり、知っている作家さんだったりすると、ちょっとうれしいですよね。
結果発表は来年になるようです。

その後の応募数

(追記です)
10月18日に、応募作品一覧を見たら、2000作品を超えていましたよ!
3週間経たずにこの数です。
すごいですね。
最終的にどれくらい集まるんでしょう。

11月2日に3000作品を超えたようです。

ネット小説大賞、3000作品突破(旧:エリュシオンノベルコンテスト・なろうコン)

どんどん増えますね……。

11月22日に見たら、4000作品を超えてました……。
見るたびに増えてるので確認するのがちょっと楽しいです。

12月15日、5000作品を突破していましたよ。
このペースだと9000作品くらい集まるのかな……?

1月7日に6000作品を超えたそうです。

ネット小説大賞、6000作品突破(旧:エリュシオンノベルコンテスト・なろうコン)

1月28日に7000作品です……。

ネット小説大賞、7000作品突破(旧:エリュシオンノベルコンテスト・なろうコン)

そして2月1日に、ついに締め切りが来ましたね。
7000ちょっと集まったみたいです。
スポンサーリンク

投稿サイト

小説家になろうに、猫のエッセイを投稿しています。
かわいいです。
うちのかわいいかわいい猫
このブログでも、一部を掲載しています。

アルファポリスでは、ファンタジーの連載を初めてみました。
気軽に読んでみてください。

ランキング

スポンサーリンク