文学フリマ短編小説賞に参加しました



コンテストに参加しました


小説家になろうのコンテストに参加しました。
このコンテストは特に賞金があるわけではありません。
上位に入ると文学フリマで配布する冊子に載せてもらえるそうです。

はじめて開催されるコンテストですし、せっかくなので挑戦してみます。
参加して損があるわけではないですからね。

文学フリマ短編小説賞って?


文学フリマ短編小説賞|文学フリマ×小説家になろう

4万字以下の作品を募集しているということで、比較的ハードルが低いコンテストです。
ただ、異世界転生、異世界転移は応募できないそうです。

まあ、いろいろな作品を募集したいということらしいので、そうなるんでしょうね。
そういうふうに書いてあります。

なろうで無制限で募集すれば異世界祭りになるでしょうからね。
令嬢は制限されていないので、悪役令嬢祭りになるのかと思っていたのですが、これはそうでもないみたいです。

応募作品について


そんなこんなでなんとか作品を用意できました。
こちらです。

ウサギに指を食べられる

完結済みです。
まだ月末までは応募期間なので、そのあいだにちょこちょこいじろうかと思っています。

4万字までということなので、3万2千字くらいまでは書き込みたいですね。
できるかわかりませんが……。

内容など


内容は中学生の女の子とウサギが出会って自分自身を見つめなおす……ちょっと説明が難しい感じの作品です。
青春ホラーみたいな、そんな感じです。

小説家になろうを利用するようになって、なるべく読みやすいものをと考えて文章の書き方を工夫してきました。
改行多めとか、折り返しを避けるとか。

今回はいままでやってきたこととは違って、文字をみっしり詰め込んで書いています。
構成上の必要性もあったのですが、どうなるのかなーという興味もあったので、こういう書き方をしました。

まあ、読みにくいかとは思いますが、気が向いたら読んでみてください!

その後の様子


あれからちょこちょこ書き直しをして、2万9千字くらいまではいきました。
もうここまでにしておきます。

感想などをもらって、わりとメガネが人気だったのが面白かったです。
メガネはいいやつですからね。

そもそも感想をもらえるのが意外でした。
かなり字がみっしりしていて、ぱっと見では読む気が起きないだろうな、と思っていたのです。

そういう風に書こうと思っていたので、これは仕方ないと思って書いたのですが、読んでくださる人はけっこういました。
うれしいです!

その後のエピソードもなにか書けそうな予感もあるので、文学フリマがひと段落ついてなにか思いついたら書いてみようかと思います。



一次発表が出ました


小説家になろうの文学フリマ短編賞の一次の結果が発表されました。
僕も応募していたんですよ。
ウサギに指を食べられる」という作品で応募していました。

【文学フリマ短編小説賞】一次選考結果発表 - 小説家になろうグループ公式ブログ

あらー、落ちていますね。
これは残念でした。
また次の機会にがんばりましょう!

通っている人たち


発表された名前を見ると、わりと見かける名前が多いです。
ツイッターでフォローしている方の名前も見かけますよ。
おお、おめでたいです。

電子の海、紅く染まれ

こちらの作者さんは数少ない僕と交流のある作者さんです。
10人もいないなかのひとりです。(少ない……)
ちょうど長編作品も完結したところですね。

奴隷商人は嘘をつかない

せっかくなのでこちらの長編も宣伝してみました。
面白かったですよ。
TSありのジレジレなファンタジーです。

短編のほうもそうですが、心の中の葛藤とかが好きな人にオススメな感じです。

気になる短編


この通過作の中で、気になる短編があるんですよ。
通過している短編は、短編としてはかなりのポイントを獲得しているものが多いんです。
こちらの作品などですね。

【応募用】吾輩は家猫である。

妻を殺してもバレない確率

さらに、応募作ではないんですが、いままでに読んだ作品の中から、こちらを紹介します。

僕の諭吉おじさん

全部、短編で、かなりのポイントを獲得していますよね。
「妻を殺してもバレない確率」は恋愛がらみなので、そこらへんのポイントも入っているんだと思いますが、どれもいわゆるテンプレの作品ではないです。
でもすごいポイントです。

読み比べてみて、うーん、なんか共通点があるような、似た雰囲気を持っているような、そんな感じがしなくもないんですよね。
そう思いませんか?

パクリとかそういう話ではなくて、それぞれ内容は全然別なんです。
ただ、具体的ではないんですが、何か共通するものがあるような……。
うーん……。
これが気になっているんです。
何か内容がするっと入ってくるような、うーん……。

たぶんネットで受けるパターンが含まれているっぽい気がするのですが、考えてもわからないですね。
まあ、そのうちに何か気づくかもしれないので、とりあえずここに書いて忘れないようにしておきます。



結果発表


文学フリマ短編賞の結果が発表されましたね。
こちらです。

文学フリマ短編小説賞|文学フリマ×小説家になろう

当初4作品の予定だったのが、好評につき5作品になったようです。
審査員さんの講評はまだですね。
全部短いので、気軽に読めると思います。

あっ、ちなみに僕はダメでしたよ!
一次のラインも通過していなかったようです。

最近のお気に入り


最近読んでいる作品はこちらです。

とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について

リリーは死ぬことにした、けどやっぱり生きることにした。

レイディ&マギ

最近読んでいるというか、定期購読の新着みたいな感じです。
ほかにも大量にブクマして、大量に読んでいます。
頭おかしいんじゃないかっていうくらいブクマしていますが、自分なりに管理しているので大丈夫です。

小説家になろうって、探すのは大変ですけど、意外と面白い作品が多いんですよね。
リリーはツイッターでたまたま読了を見かけて読みました。
ざっくり言うと、ギャル系ビッチ令嬢ですね。
ギャル系ってあまりないような気もしますよね。
令嬢ではないですけど、ギャル系で読んだことがあるのは、

もぅマヂ無理。 異世界にぃかされた。 今日デェトだったのに、ゥチゎもぅ戻れなぃんだって。

ビッチ系だと有名な、

恋をしたら死ぬとか、つらたんです

あたりでしょうか。
うーん、でもこれも探せばあるんでしょうね。

書籍化作品


こちらは最近書籍化されました。
たしか2ヶ月連続で出る予定だったと思います。

魔法学園<エステリオ>の管理人  ~最強勇者だった俺の美少女コーチングライフ~

かなりお気に入りの作品です。
面白いです。
自分が読んでいた作品が書籍化されるのって不思議な感覚ですね。

こちらは交流のある作家さんの作品です。

山本五十子の決断

カクヨムからというかたちですが、書籍化が決まったようです。
読んでいるものがどんどん書籍化されていくなあと思ったのですが、面白いものを探して読んでいるので、それはそうなりますよね。

1ページ小説


ツイッターで1ページ小説というのをやっている方を見かけました。
画像一枚で入りきるお話を、ツイートに載せて投稿しているのです。
おー、そういうやり方もあるんだー、と感心しました。

画像一枚だと読んでもらいやすそうですよね。
だいたい1000文字くらいだと入りきるようです。
ふーむ、なるほど。
気が向いたらやってみるかもしれません。
スポンサーリンク

投稿サイト

小説家になろうに、猫のエッセイを投稿しています。
かわいいです。
うちのかわいいかわいい猫
このブログでも、一部を掲載しています。

アルファポリスでは、ファンタジーの連載を初めてみました。
気軽に読んでみてください。

ランキング

スポンサーリンク