ツイッターの拡散サービスについて

暖かな光を放つ電球


ツイッターでの宣伝


僕はツイッターで自分の小説を宣伝したりしてます。
「小説家になろう」という投稿サイトに投稿した小説の宣伝です。
小説家のなろうのトップページ、総合ランキングにはまず載らないので、読んでもらうにはそういう宣伝をするしかないんですね……。
なろうのツイッター仲間のかたたちがリツイートしてくれたりして、リツイート数は増えるのです。
でも、そう簡単に読んではもらえません。
これはまあ仕方ない……とはいえ、どうにかしてツイッターをもっとうまく活用できるといいのになーと思っています。

拡散サービス


検索してみたら、ツイッターの拡散ができるサイトを見つけましたよ。
こちらです。

アスク!リツイート|相互リツイート支援サービス

アスクリツイートというサービスですね。
このアスクリツイートのシステムはざっくりいうと、


  • ひとのツイートを拡散すればポイントが貯まる。
  • 自分のツイートを拡散してほしいときはそのポイントを使って依頼する。


という感じみたいです。
ポイントを貯めてリツイートしてもらうんですね。
うーんなるほど。

さらっと見たところ、利用者は多いようです。
でも、情報商材的なツイートが目に付きますね……。
うーん……こういうのを利用するのは、まあそういうひとたちですよね。
これ、リツイートすると、あとが面倒くさそうですね……。
ときどきDMで情報商材のひとから勧誘がくるんですよね。

まあ、うまくつかいこなせればいいサイトなんじゃないかと思います。
このサイトを利用すると、自分のタイムラインによくわかんないリツイートを流すことになるわけなんですが、それはまあ、いまさらでしょう。(おい)

僕の場合はそこを気にするような状態じゃないです。
いろんなものリツイートしてますからね。
基本的には気に入ったものをリツイートしているのですが、見てる人からしたらカオスだと思います。

自分の所属するクラスタ以外に拡散できるっていうのは、いいですよね。
うーん、なにか必要に迫られれば使ってみたいかなあという感じでした。

そういえば


これははっきり名前を出すとアレなのでふんわり書きますが、ツイッターの「narou」のハッシュタグが、ときどき業者のBOTに爆撃されてるんですよね。
名前だけで業者だとわかるような、そういうあからさま系のBOTです。

で、その爆撃の内容が、特定の作品を紹介するツイートなんです。
リツイートじゃなくて、ツイートなんです。
同じ内容のツイートをいろんな業者アカウントがしているんです。
ハッシュタグを占領しているのも見かけました。

これが作者さんがやってることなのか、何かに巻き込まれたのかわかりません。
ただずらりと並んだ完全な業者アカウントが、同じツイートで特定の作品の紹介をしているのを見ると、うーん、これやらないほうがイメージいいんじゃないのかなあという気持ちになります。
あんまり読む気にならないですからね。
そういうのを踏まえると、アスクリツイートは使い方が難しいかもしれませんね。


ちなみに有料では


有料のサービスとしてはこういうものもあるんですね。

アクセスアップ・拡散 | ココナラ

RTをお金で買えるみたい? です。
お金を払って拡散してもらうのもなんか違う気がしますが、ビジネスで利用しているひとにはいいかもしれないですね。
500円くらいからできるのも手軽ですね。
いろんな商売があるものですねー。
あれ、例の作者さん、こういうサービス利用しているんじゃないのかという気もしますね……。

感想


ほかにもいろいろ検索してみたのですが、拡散サービスって、基本的に胡散臭いですね。
そして利用したら、なんかやな感じになるリスクもあると……。
ハッシュタグを占領したりしなければ、まあ、いいのかもしれませんけど。
現状普通にツイートしているだけでも、合わない人にはなんかやな感じにもなってるでしょうし……。
宣伝とSNSのコミュニケーションツールとしての側面と、両立させるのはなかなか難しいですよね。

うーん、やっぱり拡散サービスは使わないほうが良さそうですね。
とりあえずは地道にフォロワーさんを増やそうと思います。
スポンサーリンク

投稿サイト

小説家になろうに、猫のエッセイを投稿しています。
かわいいです。
うちのかわいいかわいい猫
このブログでも、一部を掲載しています。

アルファポリスでは、ファンタジーの連載を初めてみました。
気軽に読んでみてください。

ランキング

スポンサーリンク