文章に関するあれこれ



指摘に対する考え方


厳しい指摘にイラッとするのは「仕事」と「人格」を同一視しているから - なわとび1本で何でもできるのだ

これってちょっと小説の感想もらったときにも当てはまるかな、と思ったりしました。
僕はそんなに厳しい感想もらったことないですけどね。

すごいアクセス数の多い作品の感想欄には、結構厳しいこと書く人もいたりしますよね……。
わりと見かけます……。
ちゃんと読んでない(読めてない)人もいたりでそこらへんの対応は難しいっぽいです。
十分丁寧に書いてある作品でも、本文と関係なく、厳しい感想を書かれていたりするんです。
これは困ってしまいますよね。
まあ、でも参考になるかな、と思いました。

文章技法


読みやすい文章を書くための技法 - #RyoAnnaBlog

後半はちょっと小論文とか書くときのテクニックに寄ってる気もします。
一見難しそうに見えますが、論文とか小論文を思い浮かべながら読むとなるほどな内容です。
参考になりそうです。

描写は難しいんですよねー。
自分の文章に関して、人物の外見に関する描写が足りないのかなあと思ってます。
ときどきそういう指摘を受けますし、自分でもどうもうまくいかないな、というときがちょくちょくあるんですよね。

こういうの自分なりに整理してるつもりのことでも、ほかの人の考えを見ると、ほほー! と思うことがありますよね。
ひとと比べることでわかることとか、案外多いんじゃないかと思います。

小説の書き方とかのサイト


素人とはいえ小説を書いていると、小説の書き方の本とかサイトが気になります。
ハウツー本みたいなのです。
興味がない人も多いかもしれませんが、僕はそうなんです。
やっぱりちょっとでもうまくなりたいですもんね。
ときどきそういうサイトを眺めています。
以前見ていたのはこのサイトです。

あやえも研究所 – クリエイター向けの、素材や開発技術を研究・公開しているサイト

こちらの初心者向け講座のところを眺めていました。(初心者なので)
なかなか面白いですよ。

どんなことが書いてあるの?


サイトの構成が変わったようで、以前あった記事は見つからなくなっていますね。
ということで以前の記事へのリンクははずしておきました。
まあ、探せばあるかもしれません。
新しくまとめなおしてあるようで、ストーリー講座のような読み物が読めるようになっています。
プロットの実例もありますね。
これはなかなか参考になると思います。

初級プロットの書き方・作り方(一):プロット基礎講座


こちらには実際のプロットはどんな感じかを書いてありました。
プロットって、実際に見る機会はなかなかないんですよね。
僕は自己流で、いちおう書いています。
何が正解というのはあんまりなくて、たぶんひとによっていろいろなんでしょうけど、でも気になります。
自分のものと見比べると面白いですね。

初級執筆テクニック(一):冒頭をマスターする


こちらは冒頭についてわかりやすくまとめてありました。
小説は冒頭が大事って、よく聞きますよね。
僕はもともとミステリー系の読者なので、冒頭のテクニックはまあまあ知っているんです。
ミステリーはほかのジャンルに比べて冒頭重視・形式重視の傾向が強いですからね。
構造の把握にはいいジャンルだと思います。
でもなんとなくでやってたことも、こうしてひとのかいた文章で読むとはっきりしてくる気がしますね。

まとめ


僕はこういうの読んだ瞬間に、あのサイトに書いてあったからこれは絶対やらなくちゃいけないとか妄信するタイプではないです。
読んでも、なるほどねー、こういう風に考えるんだくらいにしか思わないひとです。
でも、自分の考えていることと書いてあることを比べることで、また新たなことに気づくきっかけにもなりますよね。
じっくり考えて自分で納得できたら取り入れていこうと思います。

わかりやすくまとめてあるし、面白いサイトでした。
初心者向けの感じで、僕にはちょうどよかったです。
新しくまとめなおされたサイトでは、プロットの実例もいくつか紹介されています。
ちょっとしたイラストというか、図があって、わかりやすいですね。
じっくり読み込むと、どういうプロットを作ったらいいのかの雰囲気がつかめると思います。
スポンサーリンク

投稿サイト

小説家になろうに、猫のエッセイを投稿しています。
かわいいです。
うちのかわいいかわいい猫
このブログでも、一部を掲載しています。

アルファポリスでは、ファンタジーの連載を初めてみました。
気軽に読んでみてください。

ランキング

スポンサーリンク