うちの泥棒猫


うちの泥棒猫


 ソファーに座って、軽く目を閉じてリラックスして、ふと気がつくと一時間ほど経過していることがある。
 たいして疲れているわけではない。とくに眠いわけでもないのだけれど、いつの間にか寝ていたのだろう。

 軽くタイムスリップをした気分だ。
 何回かに一回は、もしかしたら本当にタイムスリップをしているのかもしれない。




 この日も目を開けると、沈みかけだった太陽が完全に沈んでしまっていた。

 ――あら、寝てましたか。……あれ?

 どうも部屋の中の様子がおかしかった。テーブルの上のお菓子の箱がひっくり返っているし、積んであった雑誌が崩れている。
 つねに整理整頓を完璧にこなしているというわけではない。
 けれど、部屋はここまで乱れていなかったはずだ。

 ――何事ですか?

 もしかすると、誰かが入ってきたのかもしれないと見回すと、窓のそばに猫を見つけた。見かけたことのない猫だった。

 その猫はニケさんと同じく白と黄色の二毛猫だった。

 黄色の線が目の上にあって、ちょうど眉が八の字になっているように見える。さらに口の周りも黄色でまるく囲まれていて、ドリフのコントでコソドロ役として出てきそうな顔になっていた。

 その顔で僕を見つめている。「ヤバイ! 見つかった!」という表情だった。

 ――ど、泥棒だー!

 と僕は思った。

 僕が立ち上がるとドリフ猫は慌てて逃げ出そうとして、窓ガラスに何度も連続でぶつかっていた。

 ――何してるんですか……。

 ガラスがあることに気づいて別の窓へドリフ猫が走る。そちらは網戸になっている窓だった。

 走った勢いのまま、ドリフ猫は網戸に思い切り体当たりをして、はじき返されていた。宙を飛んでいる。

 ――本当に何してるんですか……って!?

 体当たりのせいで網戸の網が外れてしまっていた。つい先日、張り替えたばかりの網戸だった。

 ――なんて迷惑な猫なんですか……! 早く出て行ってください……!

 ドリフ猫は慌てているせいか網が外れていることに気づかず、さらにほかの窓へ走っていった。
 見ると、そちらの網戸はわずかに開いている。

 ――あそこから入ってきたんですか。さあ、早く出て行ってください!

 よくよく見ると、網戸が開いた部分からボスが顔を覗かせていた。「どうした? 何で開いてるの?」という表情できょろきょろしている。

 そこへドリフ猫が走りこんできた。出ようとしたところでボスと鉢合わせて、「ギャッ!」と叫びながらひっくり返った。そして起き上がると同時に方向転換して、今度は階段を駆け上がっていってしまった。僕の部屋の方向だ。

 ――もう、勘弁してくださいよ……。

 階段を上る間に、僕の部屋でドタバタ暴れている音がしていた。

 部屋に入ると、ドリフ猫はベッドの上で追い詰められた表情になり、「こうなったら……やってやる!」と身構えていた。

 引っかかれたら困るので、僕は「ウゥー」と威嚇しながらドリフ猫を退路へ誘導するように、ドアの前にスペースを作った。

 ――さあ、早く出て行ってください……。(クワー!)

 ドリフ猫は意を決したように、僕の前を猛スピードで走り去り、階段を下りていった。無事に開いた網戸から出て行ったようだ。

 ――まったく、なんて迷惑な猫なんですか。こういう猫とくらべると、ボスはずいぶんましだったんですね……。ボスは賢いですしね……。

 そう思いながら、僕は念入りに網戸を閉めてまわった。




 ――とまあこういうことがあったと、とりあえずメモにまとめて、それからコーヒーを飲もうと部屋を出たとき、家の中のどこかから視線を感じた。

 よく探してみると、階段の影に隠れてボスがくつろいでいた。べったり横になって毛づくろいをしている。

「なるほど……僕がドリフ猫を追いかけて二階にいるあいだにこっそり入って、いままで息を潜めていたわけですか」

「ゴロゴロ」

「賢い侵入方法ですね。ドリフ猫に気を取られて、まったくわかりませんでしたよ。家の中を荒らしまわってないところもポイントが高いです」

「ゴロゴロ」

「でも出ましょうか」

「フゥーン……」

 ボスはおとなしく僕の後についてきて、一緒に玄関のドアへ向かった。

 ドアを開いて去り際に、「ドリフ猫は今度から追い払ってもいいですからね」とお尻を叩くと、シッポをピンと立てながらトコトコ走り去っていった。

うちの猫目次
スポンサーリンク

投稿サイト

小説家になろうに、猫のエッセイを投稿しています。
かわいいです。
うちのかわいいかわいい猫
このブログでも、一部を掲載しています。

アルファポリスでは、ファンタジーの連載を初めてみました。
気軽に読んでみてください。

ランキング

スポンサーリンク