うちのままならない娘


うちのままならない娘


 ソファーのうえでうちの猫が丸くなっていた。
 目を閉じて、すこしお腹を天井のほうへ向けている。
 ゴロゴロとのどを鳴らす音も聞こえていた。

「あら? そこは暖かいですか? いいところを見つけましたね」

 うちの猫を暖めるように、ソファーへ電気ヒーターが向けられている。
 僕がちょうどいい環境を作って、キッチンでコーヒーを淹れているあいだに、うちの猫が占領してしまったのだ。
 落ち着いて丸くなってしまっているので、もうソファーには座ることができない。
 仕方なく、僕はソファーの前の床に座ることにした。

「その場所いいでしょう。ちょっとは寒さもやわらいできたんですけど、まだ冬ですからねー」

 うちの猫の鼻に指を近づけると、目を閉じたまま、すんすんとにおいを嗅いでいた。
 そして、あごをつき出して、のどを撫でやすい姿勢を作っていた。
「撫でて」の合図だ。
 要求されるままに、指をちいさなのどにあてると、もうゴロゴロ音がしている。からだまでプルプルと震わせていた。

「あはは、幸せですねー」

 うちの猫が喜ぶ姿に僕も嬉しくなって、思いきりのどを撫で回す。

 ゴロゴロ。
 撫で撫で。
 ゴロゴロ。
 撫で撫で。

 たまらない、というようにからだをクネクネと動かして、うちの猫が僕の腕をガシッと前足で抱きしめた。

 ――えへへ。

 僕は撫でるのに夢中になっていて、その行動の意味に気づくのが遅れてしまった。
 うちの猫がカッと目を開いて、抱きしめた僕の腕を、勢いよく蹴り始めた。

「あああ、痛い! 痛いです!」

 パッと腕を解放して、うちの猫が走り去る。
 傷がついていないか確認しているあいだに、本棚の後ろのスペースに隠れてしまった。

「なんでこんなことするんですか……。急にテンションあがりすぎでしょう……」

 本棚の後ろから「ふぅーん」という声が聞こえた。声の響きからして、悪いことをしたとは思っているらしい。

「そこは狭いですよ? よく入れましたね」

 うちの猫が隠れたすき間をのぞいてみると、お尻だけが見えていた。狭すぎて、隠れているのか、はさまっているのかわからない。少なくとも方向転換はできないようだ。

「えっと……出られますか?」

 と言うと、「ふぅーん」という返事だった。

 ――怒られると思って出てこないのか、出られないのか、どっちなんですか……。

 しばらく待っても出てこない。
「ふぅーん」という鳴き声が聞こえるだけ。
 すき間に手を伸ばしても、うちの猫のところまでは届かない。
 それどころか、さらに奥へ進んでしまった。

 ――本当に出られなくなっちゃいますよ。大丈夫ですか?

 仕方ないので、本棚の前にカリカリを置いてみることにした。
 離れたところに隠れて待っていると、すき間から、うちの猫がうしろ向きでモゾモゾはい出してきた。
 カリカリのにおいを嗅いで、鼻を鳴らして、毛繕いを始めている。
 ホコリがついてしまったらしく、特に前足を念入りに舐めていた。

「……いきなりああいうのはやめてくださいね。あんなことしてたら、もう撫でてあげませんよ」

 と言うと、うちの猫は鼻を鳴らしながら窓へ歩いていった。イライラしているようだ。反省よりも、ホコリがついたことへの不機嫌が上回っているらしい。

「もう……。うわっ、なんでいるんですか」

 うちの猫のあとについて、窓の外を見ると、ドリフ猫がちょこんと座っていた。
 僕の苦手な猫だ。この猫は勝手に入ってきてうちのなかを荒らしてしまう。

「ハア? 何?」

 という顔で僕を見上げると、ドリフ猫は窓に近づいてきた。うちの猫も同じように家のなかから近づく。
 二匹はちょこんと鼻をつき出して、窓越しにあいさつをしていた。

 ――えっ、ドリフ猫と仲がいいんですか? こんなのボスには絶対にしないあいさつですよね……。

 さきほどまでの不機嫌そうな様子はない。
「ふぅんふぅん」と甘えた声を出していた。

 ――その猫はよくないですよ……。うちのなかを荒らした泥棒猫ですよ……。ボスのほうがまだ……いや、ボスもめざし泥棒でしたね……。うちの近所には泥棒しかいないんですか……。

「ふぅん、ふぅん」

 といつまでも鳴いているので、仕方なく窓を開ける。
 ドリフ猫が消えたほうに向かって、うちの猫がトコトコと歩いていった。
 仲が良い猫がいるのは、いいことのはずなのだけど、相手がドリフ猫というのが僕を複雑な気分にさせていた。

 ――もし娘がいて、娘の連れてきた彼氏がチャラ男だったら、こんな気持ちなんでしょうか……。

 複雑な気持ちを抱えたまま、僕はうちの猫のお尻を見送ってため息をついた。

うちの猫目次
スポンサーリンク

投稿サイト

小説家になろうに、猫のエッセイを投稿しています。
かわいいです。
うちのかわいいかわいい猫
このブログでも、一部を掲載しています。

アルファポリスでは、ファンタジーの連載を初めてみました。
気軽に読んでみてください。

ランキング

スポンサーリンク