うちのらぶらぶカップル



うちのらぶらぶカップル


 ここ1週間ほど、ボスを見かけないな、と思っていた。

 居心地のいい場所を見つけて、そこでのんびりしているのかもしれない。
 野良だから、決まった家はなくて、自由気ままだ。賢いし、どこに行ってもうまくやっていけるんだろう。
 しばらく見かけないのは気になるけれど、

 ――ボスなら心配ないか。

 と思っていたら、うちの玄関先で寝転んでいた。
 久しぶりの対面だ。

「あらー、どこに行ってたんです……か?」

 寝転んだボスのお腹は、以前よりもさらに丸くなってきているようだった。あきらかに太っている。

「いったい、何があったんです……?」

 ――違法行為(にぼし泥棒)に手を染めていないでしょうね……。

 と思いながら、ボスのそばにしゃがみこむ。ボスはいつものように、地面に背中をこすり付けてアピールを始めた。
 
「ちょっと太りましたが……まあ、元気ならそれでいいですね」

 ぽんぽんとお腹を叩くと、ボスは上半身を起こして、キリッとした表情を見せた。
 元気です、と伝えたいのかもしれない。

 そのとき、がさごそと音がして、ボスの背後の茂みから別の猫が現れた。ポッチャリだ。
 しばらく見ないうちに、ポッチャリも怪我をする前と同じくらいの体型に戻っていた。こちらも太っている。

 ――重量級の猫が二匹もいると、なんだか圧力がすごい……。

 ポッチャリが前足の先でちょんちょんとボスの肩をつついた。
 ボスはその手を捕まえようと、前足を動かしている。獲物を捕まえるような動きではなくて、力の抜けた、ゆったりとした動きだ。
 ボスがポッチャリの前足を、パシッと両手で挟む。ポッチャリは前足をフルフルと痙攣させるように動かして、そこから抜け出した。そして、またつんつんしている。

「なんでこんなところでいちゃいちゃしてるんですかー。勘弁してくださいよー」

 二匹ともオスなのに……と思いながらボスのお腹をつつくと、

「えっ、こっちも?」

 というように、ボスがどちらの相手をしようか慌てていた。

 ふと玄関を見ると、ドアの前にうちの猫が座っていた。
 無表情。そして半眼で僕らを見つめている。ぶんぶんと、しっぽを大きく振り回してもいた。

「あ……じゃあ、もう帰りますね」

 ボスたちから離れて玄関のドアを開けると、うちの猫は「ニャッ!」と鳴いて、キッチンのほうへ急いで駆け込んでいった。

 ――あの二匹がいちゃいちゃしているところには、加われないですよね。

 パンチをするような雰囲気でもなかったし、二匹のサイズ感がちょっと怖いのかもしれない。

 ――一緒に遊べるといいんですけどね。

 でも、少しは距離が縮まっているような気がする、と思いながら、うちの猫を見送った。


 カリカリを食べ終わったうちの猫は、ソファーに座っていた。
 コロンと横になるいつものリラックスした姿勢ではなくて、お腹を下にして、いつでも立ち上がれるような姿勢だ。
 くつろいでいる雰囲気ではなかった。

「ん? どうしたんですか?」

 ――ちゅんちゅん。

 窓の外を見ると、小鳥が鳴いている。

「あっ、大好きな小鳥ですね。そうかあ、もう小鳥がやってくる季節になったんですね。やっぱり気になっちゃうんですね」

 と声をかけるが、窓のほうを見向きもしない。耳だけは少し反応して、ピクピク動いている。だが、姿勢は崩さない。

「うーん? 違うんですか? どうしたんですか?」

 眉間のあたりをくすぐると、ぐるぐるとのどを鳴らし、頭を僕の指にこすりつけて、軽くあまがみをした。
 そして、僕の手を前足で挟み込むようにして、捕まえた。
 さきほどのボスと同じような格好だ。
 もしかして――。

 ――ボスたちみたいにいちゃいちゃしたかったんですか? もう、仕方がないですね。

 と思い、うちの猫の好きなようにさせる。
 うちの猫は僕の手を引き寄せて、ギュッと抱きしめて……思いきり蹴り始めた。

「えっ痛い! 痛いですよ! ボスはそんなことしませんでしたよ!?」

 慌てて手を引っ込めるが、うちの猫はもう戦闘体勢だ。僕の足元をうろうろして、とびかかる隙をうかがっている。
 のどをゴロゴロならしながら、獲物を狙うように目をギラギラ輝かせたうちの猫は、なんだかどこか嬉しそうにも見えた。

うちの猫目次
スポンサーリンク

投稿サイト

小説家になろうに、猫のエッセイを投稿しています。
かわいいです。
うちのかわいいかわいい猫
このブログでも、一部を掲載しています。

アルファポリスでは、ファンタジーの連載を初めてみました。
気軽に読んでみてください。

ランキング

スポンサーリンク