AndroidでGPUレンダリングなどをやってみる


GPUレンダリング?


Androidのタブレットを使っているのですが、たまに重くなるときがあります。
Chromeを使っているときは何も問題点ないのですが、アプリの場合、ものによっては重たく感じます。
これはタブレットの性能によるものだと思いますが、どうにかならないかな、と思って検索してみました。
いろいろな記事がありますね。

GPUレンダリングの機能をオンにしてみよう

はい、ひとまずやってみましょう。
これをやるための開発者オプションの出し方はこちらですね。

Androidで開発者オプションを出す方法

やってみましたが、あんまり変わらないですね。
たまに、「ん、いけたか」と感じることがあるので、多少の影響はあるような気がします。
まあ不具合も出ないので、これはこれでいいでしょう。
やらなくても良かった感ですね。

あとは不要なファイルなんかを消して回りました。
結局たいして変わらなかったですね。

SDカードの使い方


タブレットに差し込んだSDカードはそのまま抜いていいの?

はい、やっぱりダメですよね。
ちょっとマウント解除の仕方が分からなくて、まあいけるんじゃないかと引っこ抜いていましたが、やっぱりダメでした。
一個SDカードが壊れたような気がします……。
まあこの手のものは壊れるものとして扱っているので大丈夫です……。

マイクは穴


マイクの位置は機種によって違うみたいですね。
それはいいのですが、タブレットについているものって、マイクというか、穴ですよね。
こんなの自力では見つけられません。
マイクなのかどうかもよくわかりませんし。
ここにマイクがあるよーという目印でもつけておいてくれればいいのですが……。
これも機種によって変わるのでしょうか。

スクリーンショットの撮り方


これも機種によってやり方はまちまちのようです。
僕の使っているものは、ギュッと画面をひっかくようにするとスクリーンショットを撮れます。
タッチセンサーを活用しようとするとこうなるというのはわかるんです。
ただ、上手にギュッとやるのが、難しすぎます。
スクリーンショットを撮ろうとすると、だいたい7,8回は失敗します。
こんなのボタンつければ一発でしょう……。
なぜタッチ操作にこだわるのか……。
まあこれは、スクリーンショット用のアプリを入れればなんとかなるんだと思います。
スポンサーリンク

投稿サイト

小説家になろうに、猫のエッセイを投稿しています。
かわいいです。
うちのかわいいかわいい猫
このブログでも、一部を掲載しています。

アルファポリスでは、ファンタジーの連載を初めてみました。
気軽に読んでみてください。

ランキング

スポンサーリンク